自動車保険の保障内容

自動車保険の人気ランキング

自動車保険の保障内容は多岐にわたっており、事故による損害を多角的に保障します。

自動車保険見直しTOP > 保障内容

自動車保険の主な保障内容

自動車保険の保障内容は、事故による損害をあらゆる面からカバーできるよう、多種多様にわたっています。

特に任意保険は自賠責保険より保障内容の種類が多い上、保障のつけ外しや保障額を自由に決めることができるため、自分にぴったりの保険をかけることができます。

ここでは任意保険の主な保障内容を紹介します。

対人賠償保険

自動車事故で、相手の車に乗車していた人や歩行中の人に損害を与えた場合に適用される保険です。

対人であれば死亡・後遺障害・傷害のいずれにも適用され、自賠責保険の支払い上限を超えた部分に対し、契約内容に応じた賠償額が支払われます。

ただ、ここで言う対人とは契約者と関わりのない第三者のことで、運転種や記名被保険者はもちろん、その父母や配偶者、子には適用されません。

保障額については任意に決めることができますが、対人事故の賠償額は高額になることが予想されるため、ほとんどの保険は『無制限』に設定されています。

対物賠償保険

自動車事故により、他人の車や所有物などに損害を与えた時に適用される保険です。

事故相手の車はもちろん、電柱やガードレール、店舗、家屋などを壊したり傷つけたりした場合が対象となります。

また、バスやタクシー、電車が絡む事故を起こした場合、休業補償分の賠償金も対物賠償保険から支払われます。

こちらも対人賠償保険同様、無制限に設定するケースがほとんどとなっています。

搭乗者傷害保険

車に搭乗していた人が死亡または傷害を負った場合に賠償金が支払われる保険です。

ここで言う搭乗者とは事故時に自分の車に乗っている人すべてを指しており、運転手はもちろん、助手席や後部座席に乗っていた同乗者にも適用されます。

自損事故保険

単独事故や相手側の過失がゼロだった場合、運転手本人が死亡したり、傷害を負ったりしても自賠責保険や対人賠償保険は適用されません。

自損事故保険に加入していると、自らの責任で起こした事故によって死亡や傷害などの損害をこうむった場合でも、賠償金が支払われます。

ちなみに、自損事故保険は対人賠償保険に自動付帯されているため、個別に設定する必要はありません。

無保険者傷害保険

事故を起こした相手の車が無保険だった場合、こちらが死亡・傷害などの損害をこうむっても十分な保障が行われない可能性があります。

無保険者傷害保険は、相手の車が無保険だった場合、自分が契約している対人賠償保険と同額の賠償金を支払ってもらうことができます。

ただし、対人賠償保険が無制限だった場合、無保険者傷害保険の上限は2億円となります。

無保険者傷害保険が適用される主な例としては、相手の車が任意保険に加入していない場合。相手の車の対人賠償保険が損害額に満たない場合。ひき逃げなどで加害者が不明な場合などが挙げられます。

車両保険

車両保険とは、偶然の事故によって発生した自車の損害を保障してくれる保険です。

保険金は車の修理代や新しい車の購入費などにあてることができますが、車両保険の種類によってカバー範囲が異なるので注意が必要です。

最も保障が充実しているのは『一般車両保険』で、単独事故や当て逃げも保障してもらえます。

一方、『エコノミー』は他車との接触事故による損害のみ補償されるため、一般車両に比べてカバー力に欠けますが、そのぶん保険料が安いというメリットがあります。

人身傷害補償保険

事故によって車の同乗者が死亡または怪我を負った場合、その損害に対して賠償金を支払う保険です。

責任や過失割合は問われず、支払い額は各保険会社の基準に基づいて算出された『実損害額』が適用されます。

対人賠償保険とは異なり、記名被保険者や配偶者をはじめ、同居親族や別居の未婚の子などが歩行中に自動車事故にあった場合も保障対象となるところが特徴です。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.