リスク細分型保険について

自動車保険の人気ランキング

リスク細分型保険とは、事故リスクを区分・限定することで保険料を算定する自動車保険のことです。

自動車保険見直しTOP > リスク細分型保険

リスク細分型保険とは

リスク細分型保険とは、運転する上でのリスクに応じて保険料を設定する自動車保険のことです。

ここでいうリスクとは、自動車事故に遭う確率と、予想される損害の度合いのことで、リスクが小さいほど保険を使用する可能性が低くなります。

そこで保険会社では、年齢やライフスタイルに応じてリスクを細かく区分・限定することで保険料を割り引くリスク細分型保険を導入するようになりました。

最近は特にリスクの細分化が進み、かなり細かいところまでリスク設定できる仕様になっています。

リスク細分型保険の項目

リスク細分型保険の項目は保険会社によって異なりますが、主な例としては以下の項目が挙げられます。

免許証の色

運転免許証は取得した当初はグリーンからスタートします。

その後、最初の更新時にブルーに変わり、さらに免許証更新前5年間において無事故無違反であれば最高グレードであるゴールドに変化します。

ゴールドは優良ドライバーの証となるため、リスク細分型保険でゴールドを選択すると保険料が割安になります。

逆に、初心者であるグリーンは一番保険料が高く、ブルーは中間にあたります。

車の用途

自動車事故の確率は運転頻度に比例するため、車の用途によって保険料が異なります

たとえば買い物など、日常生活でたまにしか使わない場合はリスクが少ないと判断され、保険料が安くなります。

一方、ほぼ毎日車を使用する通勤・通学や、業務利用の場合は運転頻度が多くなるため、保険料が高くなる傾向にあります。

特に業務利用は1日の中で最も運転時間が長いとみなされ、通勤・通学よりも保険料が高くなります。

年間走行距離

1年間に走行する距離でリスクを細分化する方法です。

走行距離の区分は保険会社によって異なりますが、おおよそは5000km未満、10000km未満、10000km以上の3項目に分類されます。

もちろん、年間走行距離が長いほどリスクが高いとみなされます。

性別

運転技術には個人差がありますが、統計によると男性よりも女性の方が自動車事故を起こす確率が高い傾向にあります。

そのため、女性は男性に比べて若干保険料が高めに設定されています。

地域

日本は南北に長い島国なので、地域によって気候が大きく異なるほか、都道府県によって交通事情にも違いがあります。

車の運転は気候や交通事情に大きく左右されるため、雪国や交通量の多い地域では保険料が高めになる傾向にあります。

車の装備

自動車には事故リスクを軽減するためのさまざまな安全装置がついています。

たとえば、エアバッグやABS、横滑防止装置、衝突安全ボディ、盗難防止装置などがついている場合、事故を未然に防いだり、事故による被害を最小限に抑えることができます

そのため、これらの装備が多ければ多いほど事故リスクが少なくなり、保険量も安くなります。

リスク細分型保険のメリット・デメリット

リスク細分型保険のメリットは、条件さえ合えば保険料がどんどん安くなるところです。

すべての条件に合致する例はまれですが、上記に挙げた項目の多くに当てはまる方は、非リスク細分型保険に比べて大きく保険料を節約することができます。

ただし、条件にほとんど当てはまらなかったり、リスクが高いと判断される項目が多い場合は、かえって保険料が高くなってしまうおそれがあります。

リスク細分型保険は今やほとんどの保険会社が採用しており、CMなどの影響で誰でも保険料が安くなると思われがちですが、人によってはデメリットになるということを念頭に置いておきましょう。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.