事故後の処理・対応の流れ

自動車保険の人気ランキング

自動車事故を起こしてしまったら、まずは人命を優先に、迅速な処理・対応を心がけることが大切です。

自動車保険見直しTOP > 事故後の処理と対応

事故を起こしてしまったら

運転技術には個人差がありますが、ドライバーであれば誰でも自動車事故を起こす可能性があります。

「自分は大丈夫」と油断していると、実際に自動車事故を起こしてしまったときにパニックになり、正しい判断・対応を行うことができなくなります。

特に人身事故や、相手の車に負傷者がいる場合は一刻を争いますので、いざというときのために正しい事故処理方法と対応の仕方を覚えておくようにしましょう。

ここでは事故後の処理と対応の流れを紹介します。

1.被害者の状態確認

自動車事故を起こして相手が負傷してしまった場合、まず真っ先に行わなければならないのは被害者の状態の確認です。

負傷者がいる場合は安全なところに移動させるのが一番ですが、もし頭を強く打っているような場合は動かすとかえって危険です。

そんなときは周囲の安全を確保し、後続車などによる二次被害を防ぐよう心がけましょう

また、被害者の呼吸や脈が止まっている場合は人命にかかわりますので、救急車がくるまで、できる範囲で応急処置を施す必要があります。

救命処置の心得がない方は、すみやかにまわりの人に助けを求めましょう。

2.救急車・警察への連絡

被害者の安全を確保したら、応急処置と平行して救急車の要請や警察への連絡を行う必要があります。

まずは人命が第一ですので、119番にかけて救急車を呼び、事故が起こった場所を正確に伝えます。

もし住所がわからない場合は、目印となる建物や店などをできるだけ詳細に伝えましょう

また、負傷者の人数や、被害者の状態など、わかる範囲で情報を提供します。

その後、警察に連絡し、同様に事故を起こした場所を説明します。

3.自動車の移動

事故を起こした車をそのまま路上に放置していると、他の自動車の交通の妨げとなります。

交通状況が悪化するとさらなる事故の発生につながりかねませんので、まず自分の車と相手の車を邪魔にならないところまで移動させましょう。

もし大きな事故を起こして車の部品が道路に散乱してしまった場合は、障害物となるような大きなものは路肩によけておきます。

4.目撃者の確保

死亡・後遺障害などの重大事故を起こした場合、後に損害賠償や刑事責任をめぐって裁判となる可能性もゼロとは言えません

裁判ではより正確な情報が求められるため、自分や事故相手以外の第三者の目撃証言が必要となる場合があります。

もしまわりに自動車事故の目撃者がいた場合は、氏名・連絡先を尋ね、情報を控えさせてもらいましょう

事故の目撃者は日数が経つほど確保するのが難しくなるため、できれば事故現場で行っておくのがベストです。

5.相手との情報交換

もし事故相手に意識があり、軽傷で済んだ場合は、事故相手と情報の交換を行います。

具体的には、名前や住所、連絡先のほか、運転免許証の記載事項や、それぞれの自動車保険の情報を交換します。

これらは事故解決をスムーズに済ませるために必要な作業ですので、忘れずに行いましょう。

6.保険会社への連絡

自動車事故を起こした場合、保険会社や保険代理店にすぐ連絡を入れ、事故が発生した旨を説明します。

事故から一定時間が経過した後に報告すると保険が適用されない場合もあるので、できるだけすみやかに連絡を入れることが大切です。

ちなみに、事故を起こしてパニックなり、どうしていいかわからなくなった時は、保険会社に連絡するとこれからどうすべきかアドバイスをもらえます。

7.家族や勤務先への連絡

事故後の処理にはかなり時間がかかるため、その後のスケジュールが入っている場合は遅延の連絡を入れるか、あるいはキャンセルした方が無難です。

もし社用車で事故を起こした場合は、当然勤務先にも連絡を入れます。

8.現場の撮影

もし手元にカメラがあった場合は、念のために現場を撮影しておきましょう。

自分の車や相手の車はもちろん、周囲の状態も撮影しておくと、後の過失割合の算定に役立つ可能性があります。

ちなみに、携帯電話のカメラであっても、画像が鮮明であれば問題ありません。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.