自動車保険の等級と割引率

自動車保険の人気ランキング

任意自動車保険では、保険事故の有無によって保険料を割引きする等級制度がもうけられています。

自動車保険見直しTOP > 等級と割引率

自動車保険の等級制度

個人向けの任意自動車保険に加入すると、等級別料率制度が適用されます。

等級別料率制度とは、等級によって保険料率が変化する制度のことで、一般的に『ノンフリート等級』と呼ばれています。

等級は保険事故の有無によって1等級~20等級の間で上下し、次回更新(通常は1年)まで保険を使用しなかった場合、等級が1級ずつ上がります。

逆に、保険を使用する事故を起こすと、1回ごとに等級が3つ下がります

保険料は等級に応じて変化するため、等級が上がると保険料は安くなりますが、等級が下がると保険料が割高になってしまいます。

等級制度による割引率

自動車保険の保険料は等級によって変化すると述べましたが、実際にはどのくらい変化するものなのでしょうか?

保険料の割引き率は保険会社によって異なる場合がありますが、一般的には等級に応じて以下の割引率が適用されます。

等級 割引率 等級 割引率
1
50%増し
11
45%引き
2
40%増し
12
50%引き
3
30%増し
13
50%引き
4
20%増し
14
55%引き
5
10%増し
15
55%引き
6
0%
16
60%引き
7
20%引き
17
60%引き
8
30%引き
18
60%引き
9
40%引き
19
60%引き
10
45%引き
20
60%引き

たとえば基本保険料が10万円だった場合、最高の20級なら60%引きで4万円。最低の1級なら50%増しで15万円になり、その差は11万円にも及びます。

等級制度の特約・割引

自動車保険の中には、等級制度に対する特約や割引をもうけているところも存在します。

等級プロテクト特約

事故を起こして保険を使用すると、次回更新時に等級が3つも下がり、保険料が大幅にアップしてしまいます。

しかし、あらかじめ等級プロテクト特約をつけておくと、1回に限り、事故で保険を使用しても等級が下がらず、そのまま据え置きとなります。

ただ、等級プロテクト特約をもうけている保険会社は少なく、また、特約を付加するには一定の条件をクリアしている必要があります。

長期優良割引

上記の割引率一覧表を見てもわかるとおり、16等級以上になると割引率は一律60%で統一され、それ以上割引きされることはありません

しかし、保険会社の中には、一定期間以上無事故だった場合、長期優良割引が適用され、16等級以上になってもさらに保険料が割引きとなります。

長期優良割引の適用条件は保険会社によって異なりますが、一例を挙げると、現在の契約が18等級以上。年齢条件が26歳以上担保または30歳以上担保。1年間無事故などが挙げられます。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.