カーライフを充実させる特約リスト

自動車保険の人気ランキング

任意自動車保険には、カーライフを充実させるための各種担保特約やファミリーバイク特約などが用意されています。

自動車保険見直しTOP > 特約リスト

多彩なニーズに応える特約

現在、任意自動車保険は国内系・外資系ともにさまざまなものが普及し、競争が激化しています。

そのため、各保険会社では、独自の特色として、多彩なニーズに応える特約を用意しています。

特約は単体のみ加入することはできず、あくまで標準プランのオプションという扱いですが、自分のライフスタイルに応じて付帯しておくと、いざという時に役立ちます。

ここでは各保険会社が提供する便利な特約のリストを紹介します。

身の回り品担保特約

通常の車両保険では、事故による車両の損害を補償することはできますが、車に積んでいた所有物に関しては補償対象外となります。

たとえば車内やトランクにパソコンやゴルフバッグ、カメラなどの高級品が破損してしまった場合、その修理費は全額自己負担となってしまうのです。

身の回り品担保特約をつけていると、衝突・接触などの自動車事故のほか、火災などの災害や盗難に遭った場合、車内やトランクに積んでいた身の回り品の損害を補償してもらうことができます。

ただ、身の回り品担保特約にもオプション保険料が加算されるので、車内に高額品を積まない方は特に必要ありません。

アウトドア動産一式担保特約

身の回り品担保特約の場合、トランクを含む車内の身の回り品の損害は補償されますが、車外に持ち出したものについては補償対象外となります。

その点、アウトドア動産一式担保特約は、車内にある身の回り品のほか、車外に持ち出したものについても補償が適用されます。

車で外出し、キャンプやゴルフなどのアウトドアレジャーを楽しむことが多い方におすすめの特約です。

ファミリーバイク特約

契約者本人またはその家族がバイクで起こした事故の損害を補償する特約です。

通常、バイクに乗る場合は別途バイク保険への加入が必要となりますが、ファミリーバイク特約を付帯すると、バイク保険に加入していなくても補償を受ける事ができます。

ただ、バイクの排気量は125cc以下に限定されているほか、補償金は主契約の契約条件に基づいて支払われます。

等級プロテクト特約

通常、保険期間中に事故を起こすと、次回更新時に等級が3つ下がってしまい、保険料が値上がりしてしまいます。

しかし、等級プロテクト特約をつけておくと、保険期間中1回に限り、事故を起こしても等級を据え置くことができます。

ただ、最近は等級プロテクト特約を採用している保険会社は減少傾向にあります。

継続・条件変更漏れ特約

自動車保険は原則として1年契約となっており、次年度も継続する場合は更新手続きが必要となります。

この更新手続きをうっかり忘れてしまうと、保険の有効期間が切れ、補償を受けられなくなってしまいます。

そんなとき、継続漏れ対応特約に加入していると、更新手続きを忘れていた場合でも補償を受ける事ができます。

他に、年齢条件などの変更を忘れていた場合にも適用されますが、それぞれ一定の条件を満たしている必要があります。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.