自動車保険の見直しポイント

自動車保険の人気ランキング

自動車保険を見直す時は、補償内容やサポート体制の確認など、保険内容をよくチェックしてから検討することが大切です。

自動車保険見直しTOP > 見直しポイント

自動車保険を見直す時のポイント

近年は長引く不況によって節約志向が高まり、自動車保険を見直す方が増えています。

特に最近はインターネットで簡単に見積もりできる通販型自動車保険や、運転歴や車の用途などの条件に応じて保険料が安くなるリスク細分型保険が話題を集めており、多くの方が複数の自動車保険を比較検討しています。

ただ、保険料だけで自動車保険を決めてしまうと、いざという時の事故対応に不満が出たり、思わぬトラブルにつながる可能性があります。

自動車保険はもしもの場合もサポートする損害保険ですので、自動車保険を見直す時は補償内容やサポート体制に妥協せず、自分にぴったり合った保険を選ぶことが大切です。

ここでは自動車保険の見直しポイントをいくつかご紹介します。

補償内容の確認

自動車保険の目的は、事故時に発生した損害を十分に補償することにあります。

そのため、自動車保険を見直す時は、まず第一に補償内容が十分であるかどうかを確かめることが大切です。

特に対人や対物事故を起こした場合、損害賠償額は個人で支払いきれない額になる可能性が高いので、十分な賠償資力を確保できるかどうかをしっかり確認しておきましょう。

また、事故の発生状況によって保険が適用される場合とされない場合があるので、どのような事故が補償対象となるのかチェックすることも重要です。

サポート体制の確認

自動車事故を起こしてしまったら、すみやかに事故後の処理・対応を行い、迅速に解決を心がけることが大切です。

自動車保険会社では、顧客から事故発生の連絡を受けると、事故担当者が事故後のサポートや示談交渉サービスを行ってくれます。

ただ、サポート体制は保険会社によって大きな差があり、中には事故後のサポートが遅れるといった例も決して少なくありません。

事故後のサポートや示談交渉が遅れると、被害者側の心証が悪くなり、トラブルの原因となります。

自動車保険の良し悪しはサポート体制で決まると言っても過言ではないので、見直しの際は必ずサポートやサービスの充実度をチェックしておきましょう。

運転者の年齢制限

自動車保険では車を運転する人間の年齢に応じて保険料を算定する年齢制限がもうけられています。

年齢制限の例としては『全年齢』『21歳以上』『26歳以上』『30歳以上』などが挙げられます。

このうち、全年齢については、自動車免許を取得した18歳以上であればどなたでも運転することができますが、その他の項目については年齢によって補償対象外となる場合があります。

たとえば『26歳以上』の年齢制限をつけた場合、26歳未満のドライバーが運転して事故を起こしても補償を受けることができません。

年齢制限の設定は保険会社によって異なりますが、もし年齢が若い場合、なるべく年齢制限を細かく設定しているところを選ぶとよいでしょう。

保険期間

自動車保険の有効期間は一般的に1年間となっており、満期が近づいたら更新手続きを行う必要があります。

満期近くになると、保険会社から更新手続きを促すハガキや電話、Eメールが届くので忘れてしまうケースはまれですが、更新時に自動車保険を見直す場合、スムーズに手続きしないと空白期間が生じてしまう可能性があります。

そのため、保険を見直す時は以前の保険の満期日を確認すると同時に、新しい保険の開始時期をチェックし、間に空白期間が入らないようしっかり調整しましょう。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.