万が一のトラブルオプション

自動車保険の人気ランキング

自動車保険にトラブルオプションをつけていると、いざという時のカートラブルに役立ちます。

自動車保険見直しTOP > トラブルオプション

トラブルオプションで充実補償

任意自動車保険では、標準プランに加え、任意でトラブルオプションをつけることができます。

トラブルオプションとは、いざという時のトラブルに備えて個別に付加する特約のことです。

トラブルオプションをつけると別途保険料が加算されますが、そのぶん標準プランでは補償されないさまざまなトラブルに対応できるようになるため、より安全なカーライフを送ることができます。

ここでは各保険会社が提供するトラブルオプションの一例を紹介します。

人身傷害補償担保特約

事故の過失割合に関係なく、運転中の事故による死亡・後遺障害・傷害を補償してくれる特約です。

示談交渉の結果を待たずにすぐ保険金が支払われるため、通院費や治療費の負担を減らすことができます。

補償範囲は記名被保険者本人のほか、その家族も対象となりますが、保険料はおよそ20%ほど割増になります。

他者運転危険担保特約

保険契約車以外の車を運転して事故を起こした場合でも、自分の車の保険を使って対人・対物・自損事故の損害を補償できる特約です。

車の貸し借りが多い方におすすめの特約で、もし友人や知人の車に乗っていて事故を起こしたとしても、その知人の保険に傷をつけることなく、損害を補償することができます。

オールリスク免責ゼロ特約

車両保険をつけていても、事故が発生した場合、一定の免責金額を支払う必要があります。

しかし、あらかじめオールリスク免責ゼロ特約をつけていれば、免責金額の負担をゼロにすることができます。

ただ、オールリスク免責ゼロ特約は保険期間内のうち、1回目の事故のみに限定されています。

臨時運転者特約

家族以外の人間が車を運転した場合でも事故の損害を補償する特約です。

ただ、この特約はあくまで家族以外の第三者に限定されているため、運転者として記載のない『家族』が事故を起こした場合、補償の対象外となります。

代車費用担保特約

事故によって車が自走できなくなった場合、代車として利用したレンタカーの費用相当を補償する特約です。

支払いタイプは保険会社によってさまざまなで、一定額を支払う『定額払い』や、実費を支払う『実損』、レンタカーそのものを貸し出す『現物給付』などがあります。

弁護士費用特約

もらい事故によって調停や民事裁判に発展した場合、弁護士への依頼に必要な費用を負担してくれる特約です。

補償金は保険会社によって異なりますが、1回の事故につき、被保険者1人あたり300万円程度の補償が目安となっています。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.