保険料を安くするポイント

自動車保険の人気ランキング

自動車保険料の節約には、リスク細分型保険の活用や保険の設定方法の見直しがおすすめです。

自動車保険見直しTOP > 保険料を安くする

保険料を節約するには

毎月または毎年かかる自動車保険料は、少なからず家計を圧迫してしまいます。

そのため、近年は自動車保険を見直すことにより、保険料を安く抑えようという意識が高まっています。

そこで最近は、運転手の年齢や運転歴、車の用途などの条件に応じて保険を安くするリスク細分型保険が市場に普及されるようになりました。

リスク細分型保険を上手に活用すれば、事故リスクが少ない人ほど保険料を安く抑えることが可能となっています。

リスク細分型保険で保険料節約

リスク細分型保険を導入している保険会社は数多く存在しますが、それぞれリスクの細分方法が異なるため、自分に合った条件を設定している保険を選ぶのがポイントです。

リスク細分の方法はいろいろありますが、大まかにわけると以下の3つに分類されます。

走行距離

年間走行距離が短い=車を運転する時間が短いため、事故リスクが少ないと判断され、保険料が安くなります。

走行距離の区分はほとんどの場合、5000km未満、10000km未満、10000km以上の3つに分類されますが、中にはさらに細かくわけているところもあります。

車の用途

車を家庭用として使用している場合と、業務用として使用している場合では、走行距離や運転頻度が大幅に異なります。

もし買い物やレジャーなどの日常生活でしか車を利用しない方は、『主に家庭用』と申告することで保険料を安く済ませることができます。

ドライバーの条件

事故リスクはドライバーの年齢や運転免許証の色でも判断されます。

免許を取得して数年が経過しており、運転免許証の色も最高グレードのゴールドだった場合、優良ドライバーとみなされ、保険料が安くなります

また、車を運転するドライバーの範囲を『夫婦のみ』『家族のみ』『30歳以上』と設定すると、補償範囲が限定されるぶん、保険料をさらに抑えることが可能となります。

車の安全性

エアバッグやABS、横滑防止装置など、事故リスクを抑える安全装置がついている車は保険料が割引きされます。

最近の自動車は安全装置が完備されているものがほとんどですが、もし中古車などを購入する場合は、なるべく安全装置が多く設置されているものを選ぶようにしましょう。

保険料を安くするコツ

自動車保険を安くするもうひとつのポイントは、メインドライバーの設定とセカンドカー割引きを上手に活用することです。

メインドライバーとは、本来、主に運転する人のことですが、基本的にその車を運転する人であればどなたでもメインドライバーに設定することができます。

メインドライバーは上記の『ドライバーの条件』の中心となる人物なので、ゴールド免許保持者など、優良ドライバーであればあるほど保険料を節約できます。

また、車を複数台所有している場合は、それぞれ別の自動車保険に加入するよりも、『セカンドカー割引』を利用した方がお得です。

ただ、セカンドカー割引を利用するには、1台目の保険契約が5年以上無事故など、各保険会社が定める一定の条件をクリアしている必要があります。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.