保険等級で損をしないノウハウ

自動車保険の人気ランキング

保険等級で損をしないためには、中断証明書や家族間引き継ぎなど、いくつかのテクニックを活用する必要があります。

自動車保険見直しTOP > 保険等級で損をしない

等級で損をしないテクニック

任意自動車保険に加入した状態で、1年間保険事故を起こさずに過ごすと、次回更新時に等級が1つアップします。

等級は1~20等級まであり、初回契約時は6等級からスタートする仕組みになっています。

等級は他の保険会社に乗り換えても据え置かれますが、前の自動車保険の満期日の翌日から7日以内に更新しなければ等級がリセットされてしまいます。

普通なら更新手続きや乗り換え手続きを忘れなければ問題ありませんが、何らかの事情がある場合は、以下の方法で等級の損を防ぐことができます。

中断証明書の活用

自動車保険は自動車を運転する人のためにかけるものなので、当然、自動車を運転しなくなったら保険は不要となります。

しかし、転勤や出張など何らかの事情で自動車が長期間不要になったものの、いずれは再び自動車を運転する可能性があるという場合、そのまま解約してしまうと次回保険加入時の等級は6等級まで戻ってしまいます。

そんなときは、保険会社に『中断証明書』を申請しておくと、保険満期日から7日以上が経過しても等級を据え置くことができます。

ただ、中断証明書には使用期限があり、中断から5年以内かつ新規自動車を登録してから1ヶ月以内に再契約しないと証明書の効果が失効してしまいます。

ちなみに、海外渡航によって自動車保険を中断した場合は10年間にわたって等級をキープすることができます。

家族間で等級引き継ぎ

長年生活していると、家族構成や役割の変化とともに、自動車に乗る機会や頻度も変わっていきます。

たとえば、保険契約当初は自分が運転する機会が多かったものの、10年以上経過した現在、妻しか車を乗らなくなったというケースは決してめずらしくありません。

しかし、現在の車や自動車保険は自分名義。等級は20まで上がっているものの、今の状態で妻に車を譲渡してしまうと、妻が新たに保険に加入しなければならず、等級は6まで下がってしまいます

そんなときは、家族間で等級を引き継ぐ手続きを行うと、夫の20等級の自動車保険をそのまま妻に引き継がせることができます。

対象は配偶者だけでなく、同居の親子間や同居の兄弟姉妹間でも可能となっており、車の名義をかえることなく等級の恩恵を受けることが可能となっています。

≪カービュー≫車査定 公式

カービューで全国複数社の買取額比較 日本最大級の車買取ネットで高額査定!
www.carview.co.jp

自動車保険20社一括見積り

無料 最大20社の自動車保険を一括見積 一番安い自動車保険がわかる。
www.insweb.co.jp/

保険スクエアBang Webcrew

無料で最大20社に一括見積もり 自動車保険料を簡単比較できる
www.bang.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険見直しポイント※時期や等級などガイド充実 All Rights Reserved.